TOP > 同意書

同意書

以下の文章をお読み頂き、内容をご確認下さい。


誓約・機密・確認事項

■誓約事項

株式会社九州人材派遣サービスの指定する就業に関し、次の条項を遵守する事を誓約致します。

  • 会社の就業規則及び勤務先の諸規則を守り、指定の職務に従事し、上司の指示に従います。
  • 常に株式会社九州人材派遣サービスの従業員としての体面を保ち、会社の名誉と信用を汚す様な行為は致しません。会社の業務を阻害したり会社の存在と相容れない行動は致しません。
  • 業務に関連して私利を営む行為などは致しません。又、取引先より金品の贈与を受けたリ、勤務先で金品の貸借などは致しません。
  • 職務上重大な過失の為、会社に著しい損害を与えたときは、その責任を負います。
  • 暴力団、暴力団関係企業、総会屋又はこれに準ずる団体(反社会的勢力)との関係を有しておらず、将来も一切関係を持ちません。
  • 履歴詐称、採用条件に反する行為、その他の不正手段を用い入職した事が発覚した場合、解雇されても異議は有りません。
  • 試用期間は2週間とし、試用期間中に従業員として不適格と認められるとき、又は遅刻・早退欠勤など勤怠に問題が発生した場合、解雇要件となる事を認めます。
  • 上記内容に違反する様な行為がある時は、解雇されても異議はありません。

■機密事項

株式会社九州人材派遣サービスにおける業務の従事にあたり、以下の事項を遵守する事を誓約致します。
【在職中、及び退職後の秘密保持義務】
私は下記に記載する事項について、在職中、退職後にかかわらず、株式会社九州人材派遣サービスの許可なくいかなる方法をもっても第三者への情報の開示、漏えいもしくは使用をしないことを誓約する。
*第三者への開示、漏えいの中にはインターネット上のブログ、掲示板、口コミサイト、メルマガ、SNS等及び新聞、雑誌等を含む各種紙媒体が含まれていることを理解している。

  • 従事した業務の内容、就業場所、商品情報について。
  • 従事した中で知り得た株式会社九州人材派遣サービスの取引先の生産計画、新製品の試作状況及び新製品の仕様や発売時期などの情報。
  • 株式会社九州人材派遣サービスの公となっていない企業情報、営業上の情報、関連した人材情報、取引先企業情報について。
  • その他、株式会社九州人材派遣サービスが秘密情報として指定した情報。在職中の禁止事項

【在職中の禁止事項】
私は下記に記載する事項が在職中の禁止事項に該当する事を理解している。

  • 就業場所での写真撮影及び録音。
  • 就業場所での商品、部品、製品及び治具・工具、備品の持ち出し。
  • 就業場所での書類、電子データ等の情報の持ち出し。
  • 就業場所以外での公知となっていない業務内容の会話、メールの持ち出し、開示。
  • その他に、株式会社九州人材派遣サービスが禁止事項として指摘した行為。

【損害賠償】
前条に違反して秘密情報を開示、漏えいもしくは使用した場合、私は法的な責任を負担するものであることを確認し、これにより株式会社九州人材派遣サービスが被った一切の損害を賠償する。

■その他確認事項

【契約書類】

  • 弊社は業務効率化の為、契約書類などの電子化を進めています。WEB申込での労働契約締結においては、本確認事項に同意を得たものとします。

【解雇事由】

  • 精神または身体の故障、傷病、虚弱等により、業務に耐えられないまたは労務提供が不完全であると認められるとき。
  • 職務遂行に必要な能力を欠き、かつ他の職務への転換が困難なとき。
  • 業務縮小・天災地変その他やむを得ない事由により、雇用維持が困難になったとき。
  • 各種法令、公序良俗に反する行為を行ったとき。
  • その他『業務スタッフ就業規則第50条』に該当するとき。

【その他】

  • 退職される際は1ケ月前にその旨をご連絡下さい。また貸与品は必ずご返却お願い致します。
  • 就業規則及び各種規定は支店に備え付けています。閲覧ご希望の際はご遠慮なくお申し付け下さい。
  • 勤務に際して、お困り事がございましたら、ご遠慮なくご相談下さい。
  • その他ご不明な点がございましたら、何なりとお問い合わせ下さい。

安全衛生・品質

■機械・器具・原材料の取扱い

  • 機械・器具の取扱いには十分注意し、作業責任者の指示なく勝手に扱わない事。
  • 作業前に機械・器具の点検を行い、異常がある場合は使用を止め、直ちに作業責任者に報告する事。
  • 指定保護具・防具は必ず着用する事。
  • 機械の使用前に安全装置(非常停止ボタン・安全カバー等)の位置・操作方法を確認する事。
  • 衣服・手袋・ネックストラップ等の巻き込まれに注意する事。
  • 動いている機械には絶対に手を出さない事。また機械の放熱部分には触れない事。
  • 異常発生時は速やかに機械を停止し、作業責任者に報告する事。
  • 機械や設備にもたれかかったり、腰かけたりしない事。
  • 原材料の取扱中の誤飲や体調に異変を感じたときは速やかに作業責任者に申し出る事。

■服装

  • 所定の作業服を正しく着用する事。ファスナー・ボタンはきちんと留め、だらしない恰好をしない事。
  • 靴のかかとを踏んで歩かない事。
  • 首や腰にタオルなどを巻いたり、垂らしたりしない事。
  • 頭髪、髭、化粧・香水、アクセサリー等について、社会人としての良識を守る事。
  • 名札・腕章などは正しく着用し、紛失した場合は速やかに作業責任者に報告する事。
  • 服は定期的に洗濯を行い、清潔に保つ事。

■安全一般

  • 場内は指定された出入口、安全通路などを通行し、通行禁止区域に入らない事。
  • 通路や階段では足元に注意し、手すりを利用するなどして安全を確保する事。
  • ポケットに手を入れた状態・携帯電話などを扱いながらの歩行・後ろ向き歩行はしない事。
  • 刃物等を取り扱うときは所定の保護具を着用し、作業責任者の指示に従って使用する事。
  • 無理な態勢・姿勢で作業を行ったり、過度な重量物を扱う作業は避ける事。
  • 作業中にけがをした場合は速やかに作業責任者・管理者に報告する事。

■車両運転

  • 通勤は事前に届け出た手段・ルートで行う事。変更がある時は速やかに届け出る事。
  • 道路交通法などの交通規制を遵守し、安全な通勤を心掛ける事。
  • 時間に余裕をもって出勤する事。終業後は寄り道などせず速やかに帰宅する事。
  • 事故時は直ちに警察及び管理者に連絡する事。
  • 車両を使用する際は、免許証・車検証の期限が切れていない事、また任意保険に加入している事。

■5S

  • 5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)を理解し、自ら積極的に取り組む事。
  • 廃棄物は規則に従って分別し、所定の場所に廃棄する事。
  • 設備の破損・汚損を発見した場合は、速やかに作業責任者に報告する事。

■健康管理・メンタルヘルスケア

  • 身体の不調を感じた時は無理をせず作業責任者に相談し、指示を仰ぐ事。
  • 伝染病に感染した、又は感染の恐れがある場合は、直ちに管理者に連絡し指示を仰ぐ事。
  • 身体や身の回りの清潔を保ち、不衛生にならないよう注意する事。
  • 休憩時間は作業を中断し、心身を休める事。
  • ストレッチ・マッサージ等の身体のケアを行い、身体的故障の防止に努める事。
  • 体調管理は自己責任と自覚し、栄養バランスを考えた食事、十分な睡眠、休日の心身リフレッシュを図る事。
  • 不安や悩み、身体の疲労感を感じている時は、作業責任者や管理者に相談する事。
  • 職場内で、いじめ・パワハラ・セクハラ等を見かけた時は必ず管理者や相談窓口に連絡する事。

■モラル・マナー

  • 公私ともに良識のある言動を心掛ける事。挨拶等の職場コミュニケーションを図る事。
  • 関連法令・就業規則・社内規則・職場のルール等の決まり事を遵守する事。
  • 報告・連絡・相談を徹底する事。また時間・納期等を厳守する事。
  • 業務は開始時刻と同時に始められる様に時間前には持ち場に付いて準備しておく事。
  • 飲食・喫煙は決められた場所で行う事。
  • 職場内での金銭の貸し借り、勧誘行為(宗教・ネットワークビジネス等)、物品の販売等は行わない事。
  • 休暇を申請する際は出来るだけ早く作業責任者に相談し、必要な調整を行った後に取得する事。
  • 突発的な欠勤・遅刻をする場合は必ず始業開始30分前迄に作業責任者・管理者に連絡する事。

■事故・災害

  • 事故発生時は直ちに作業責任者・管理者に連絡し指示を仰ぐ事。報告を遅らせたり、隠ぺいをしない事。
  • 災害発生時は直ちに作業を中断し、作業責任者の指示に従い退避する事。単独行動をとらない事。
  • 防災訓練に参加し、避難経路・消火設備や救護設備の位置・使用方法を把握しておく事。

■品質

  • 作業標準・品質基準を遵守し、勝手に変更・省略はしない事。
  • 不良発生や異物混入の恐れが発生した時は速やかに作業責任者に報告し、指示を仰ぐ事。
  • 作業開始時には必ず、変化点(人・設備・材料・方法)の有無を確認しておく事。
  • 担当業務以外の作業を指示もなく勝手に行わない事。